社会人3年目となる2021年1月にモバイルビジネス事業部に転職し、現在ではチームリーダーとしても活躍する打越 恭平さん。入社前から掲げていた「新しい技術に触れ、日々成長し続けたい」という目標と現在の業務のつながり、今後挑戦したいことなどについて語っていただきました。
※当記事は掲載時点のものとなります。

プロフィール

打越 恭平

CXデザイン統括部
エンタープライズアジャイル担当
前職はIT業界で製造業のお客様を中心にAWSを使った設計開発を担当。現在はGCP、AWSを用いたインフラ領域をメインとする設計開発を担っている。

Q.入社前のNTTデータやモバイルビジネス事業部のイメージは?
 モバイルビジネス事業部で、実現したいと思っていたことは?

幼い頃から興味関心を起点に物事を探求することが多く、キャリアを構築する中でも、最新技術の導入など新しいことにチャレンジしたいと思っていました。
モバイルビジネス事業部のお客様である各種キャリア様は、競合より早く新たなコンテンツを生み出すことで差別化を図っており、「新しいことに挑戦したい」という意識を強くお持ちです。だからこそ、ここであれば技術的に新しく面白いことに触れる機会がたくさんあると感じました。実際に面談の場で、DevOps、コンテナ、クラウドネイティブなど、当時私が興味を持っていた新技術について、学び・活用できる案件があると言ってもらえたことが入社の決め手です。

ただ、国の資本が入っている大企業であり、お堅い社風という印象もありました。しかし、社員の皆さんとお話しする中で、モバイルビジネス事業部には「誰もまだ挑戦していないことをやろう」という風土があると分かりました。これまでの製造業のお客様はリーダーを追う姿勢が強く、業務においては誰かが挑戦した後のある程度整備された技術を使うことが多かったので、前職と比べ刺激的な環境であり、魅力的だと思ったんです。

Q. 入社後に感じた、モバイルビジネス事業部ってこんなところ!

「こんな価値を届けたい」「こんなビジネスを展開したい」を起点に物事を検討することが多く、良い意味で競合を意識せずに、自分達の頭で考えて新しい何かを切り開こうとする組織だと感じました。また、想像よりずっとリスクを取りにいく姿勢を持っていて、まだルールも整備されていない新技術でも二の足を踏まず前のめりでトライし、大きなリターンを狙う風土があると思います。

そして、自分の「こうしたい」を叶えてくれる環境があるとも感じます。例えば、同じキャリア様の案件を長期間担当した際、より幅広い視野を持つためにも別の案件でも学びたいと上長に相談すると、設計を中心とした自由度の高いプロジェクトにアサインいただけました。
他にも、IT業界全体の課題として人材不足があるものの、案件を円滑に推進のために必要な人材はきちんとアテンドいただけるなど、大企業ならではの強固な基盤が強みだと感じます。

働く環境の面では、ワークライフバランスを重要視していたり、上長との距離が近く全員がフランクに意見を言い合える雰囲気があったりと、非常に働きやすい職場です。
フルフレックスはもちろん、勤務場所もオフィスワークとテレワークを併用するなど、自分やチームにとって仕事がしやすい環境を選択しています。

Q.実現したいと考えていたことは叶えられた?
また、得られたものは?

現在はお客様側のシステム開発チームの一員として、テックリードのような立場で日々技術選定から携わらせていただいています。最適だと思えば自分が使ってみたい技術の提案も可能です。モバイルビジネス事業部で実現したかった「新しいことへの挑戦」ができる環境で仕事をさせてもらえていると感じます。
それだけでなく、お客様に新技術を提案し、費用折衝するなど、新しい仕事を生み出したり、案件を拡大したりするための営業的な役割も少しずつですが担えるようになりました。

また、リーダーを担う中では、お客様とより近い立場でお仕事をさせていただいているので、要望をうまく引き出し形にするための聞く力、「技術を活用したい」と思っていただけるような説明力、制約条件を理解した上で最適な方法を選択する見極め力、なによりチームや案件をリードするマネジメント力が身につきました。これらはどの現場でも必要な力だと感じています。今後も案件や周囲の皆さんから学び、良いと思った部分は取り入れながら、さらに成長していきたいです。

Q.今後どんなことにチャレンジしていきたい?

私の担当するインフラ領域は、個人競技の団体戦と同じ。自身の担当範囲を、責任感を持ってやり抜くことはもちろん大切ですが、困った時には相談したり、レビューをしてもらったりできる仲間がいます。目の前の仕事と相性が合わなければ、誰か得意な方とトレードすることもあるんです。チームリーダーとして、引き続き一人ひとりの成果ではなく、チームとしてどう成果を出していくかを意識し、舵取りをしていきたいです。

また、ソフトウェア開発など、まだ挑戦できていない技術領域や製品に取り組んでいきたいです。そのためには、自分なりに勉強することはもちろん、周囲に「やりたい」とアピールし、機会があった際に声をかけていただけるよう認知してもらうことが重要です。積極的に自分の想いを声に出していきたいと思います。

読者の皆様へ一言!

モバイルビジネス事業部は、何かやってみたいことがある方や、常にチャレンジを続けたい方、働く環境を重視する方にぴったりだと思います。NTTデータと聞いて「固い」「融通がきかなそう」と思った方も、一度面談などで直接社員の方と話してみると、挑戦的で自由な風土をきっと気に入ると思いますよ。

人を知る一覧に戻る

モバイルビジネス事業部で、
一緒に“新たな価値”を創造しませんか?

NTT DATAモバイルビシネス事業部では、経験者採用を積極的に行っています。
無限に広がるITフィールドで、あなたの可能性を試してみませんか?
多くの仲間とワクワクする仕事があなたを待っています。

カジュアル面談を知る