社会人3年目となる2022年4月にモバイルビジネス事業部に転職し、未経験で開発担当に挑戦している勝野 大地さん。就活期から感じていた「自分の手で何か新しいものを作りたい」という目標と現在の業務のつながり、今後挑戦したいことなどについて語っていただきました。

プロフィール

勝野 大地

CXデザイン統括部
エンタープライズアジャイル担当
前職では、ERPのパッケージシステムの営業を担当。現在は、ローコードプラットフォームを用いたアプリ開発や、キャリア様の社内向け開発コスト見積サイトの検証案件に従事。

Q.入社前のNTTデータやモバイルビジネス事業部のイメージは?
 モバイルビジネス事業部で、実現したいと思っていたことは?

前職では、同じIT業界で営業がメインの会社に所属していました。しかし、開発担当として何かを0から作り上げたいという想いから転職を決意しました。
NTTデータという大企業ならではの盤石な基盤はもちろん、お客様が大手キャリア様でありインパクトの大きい仕事ができるのではと感じたこと。何より、開発職での募集があったことが、モバイルビジネス事業部に興味を持ったきっかけです。ただ、元国営の長い歴史を持つ企業という印象から、保守的な一面もあるのではと思っていました。また、モバイルビジネス事業部での具体的な業務内容や扱ってみたい技術については、当時は考えていませんでした。

Q. 入社後に感じた、モバイルビジネス事業部ってこんなところ!

年次に関係なく、誰もが自由に意見を言い合えるフランクな風土があります。また、一人では完遂できない仕事ばかりであり、チームで成果を上げる業務スタイルのため、コミュニケーションが活発な風通しの良い組織です。

それから、各々の持つノウハウやスキルを鑑みて配属を決定するなど、個性を尊重し成長を支援する環境があると感じます。例えば、私は開発未経験で入社したため、最初は安定的なオフショア開発のプロジェクトに参画し、基本設計やテストなど仕事の基礎を業務の中で学ばせていただきました。開発について何も知らない状態からのスタートであり、海外の協力会社との連携では言葉の壁もありました。しかし、開発の基礎や開発手法の一つを深く学ぶことができたと感じます。

他にも、事業部や統括部の方針を伝えるキックオフに力を入れていたり、「つなぐば」と呼ばれるモバイルビジネス事業部全体の社内サイトがあったり。公私ともにさまざまなコミュニティがあるのも特徴の一つです。自分から一歩踏み出せば、仕事で関わりのない方も含めいろいろな方との交流の機会があります。

Q.実現したいと考えていたことは叶えられた?
また、得られたものは?

安定的なプロジェクトでの勉強期間を経て、現在はLCP(ローコードプラットフォーム)に所属し、アプリケーション開発チームのリーダーを任されています。大規模アジャイル案件も、プログラミングも、初期から開発工程に携わることも未経験の状態で、最先端技術を駆使して開発を進めることは容易ではありません。しかし、私が実現したかった、一つのプロジェクトに長く携わり0から開発を行うことができており、日々うれしさや達成感を感じています。

他にも、チームには若手のメンバーが多く、課長層も好奇心旺盛です。面白いことにはどんどん挑戦しようというスタンスを誰もが持っています。情報感度も非常に高く、皆さんとのコミュニケーションで自分の知識が広がることはもちろん、探究心やモチベーション向上にもつながっています。

私は、リーダーとしてはもちろん、開発担当としてもまだ修行中です。業務の中で引き続き経験を積むとともに、マネジメント側として、メンバーのやりがい向上や働きやすい環境の構築に取り組んでいきたいです。

Q.今後どんなことにチャレンジしていきたい?

LCPなどの最新技術を使ったプロジェクトが長く存続しているのは会社の支援やチャレンジを応援する風土があるからこそ。よりプレゼンスのあるものに育て組織に貢献するためにも、まずは検証中の課題をクリアし、お客様に評価いただくことが重要です。そして、LCPが素晴らしいツールだとモバイルビジネス事業部の皆さんにもきちんと発信し、認知してもらうことも大切だと思います。
現在、LCPを使った新しいサービスを検討中です。商品の価値は何か、それを最大限発揮するためにサービスをどう仕上げるのか、誰にどう売ることができるのか。そういった一つひとつを定義するとともに、商品化には商品企画会議で合意を取る必要があります。商品化への挑戦はチームの全員初の試みです。しかし、「LCPを1から100へ広げる」「0から1のサービスを生み出す」という二つの側面のある取り組みを成功させられるよう引き続き尽力していきたいです。

また、将来的にはLCPを自身のキャリアの特色の一つにしたいと思っています。他にも、ビジネスの創出にも関わっていきたいと考えているので、コンサルティング領域にも幅出しできると、より面白いことができそうだと感じます。

読者の皆様へ一言!

私は文系出身で前職では営業を担当しており、モバイルビジネス事業部では未経験から開発に挑戦しました。けれど、働きやすい環境やサポートしてくださる皆さんのおかげで、日々楽しく仕事ができています。
また、モバイルビジネス事業部は明確な目標がある方だけでなく、漠然と「今の自分を変えたい」という人でも、面白い仕事に出会える環境を提供してくれる組織だと思います。実は、現在担当しているLCPは「よりチャレンジングな案件に挑み自分を高めたい」と上司に相談したことがきっかけで配属になったものです。私の思いを汲み取り、大規模アジャイル開発であり先進技術のLCPにアサインいただきました。すべてが未経験であり日々挑戦の連続ですが、がむしゃらに打ち込めるものができうれしいです。
皆さんにも、「気になったらまずは飛び込んでみること」と「声に出すこと」を意識し、自分が楽しいと思える仕事を見つけてほしいと思います。

人を知る一覧に戻る

モバイルビジネス事業部で、
一緒に“新たな価値”を創造しませんか?

NTT DATAモバイルビシネス事業部では、経験者採用を積極的に行っています。
無限に広がるITフィールドで、あなたの可能性を試してみませんか?
多くの仲間とワクワクする仕事があなたを待っています。

カジュアル面談を知る